たよりないヘルパー

かみさんのヘルパー時代のお話に少し触れてみたいと思います。

 

 

予備知識としてかみさんの見た目はガリガリに痩せていて

 

 

線が細く体力的には頼りない雰囲気のタイプです。

 

 

ある日のことですが、

 

 

末期がんで絶対安静のおじいちゃんの生活支援に行った時、

 

 

どういうわけかおじいちゃんは

 

 

急に動き出し元気に体を動かしだして

 

 

布団までたたんでしまったそうです。

 

 

なぜこんなことになってしまったかというと

 

 

おじいちゃんいわく

 

 

「あんたみたいな痩せてる人に重たいもの持たせられないからっ!?」

 

 

っと言い放って自分のことは自分でやりだしたとのことでした。

 

 

人間はどこで元気になるか

 

 

計り知れないんだなぁぁっと思うのでした(汗)

 

 

読んでいただきありがとうございます。。。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP