コンピューターに仕事を取られる時代①

最近よく目にする記事ですが、人工知能の進化によってなくなる仕事や産業があると聞きますがこれについて感じたことを書いてみたいと思います。
確かに会社の経理部門の仕事は会計ソフトの発達によって何十人もいたスタッフが半分に減ったり生産性の向上のおかげで人件費改善に寄与している反面仕事を失う人は増えている現状があります。
あらゆる情報の中でも衝撃だったのが、銀行の窓口業務と弁護士も人工知能に切り替わるという内容でした。
旅行代理店の窓口業務は自由度が高すぎ人間でないと無理みたいですが、この先若者の目指す産業がなくなったり就職したい現場がロボットにとって変わってきたり時の流れは止められませんが移り変わりが早すぎて置いて行かれている人も少なくないと思いました。
介護の世界はまだまだ人間がやらないと不可能な面がたくさんあってホッとしています。

このテーマ少し長くなるので続きを作ります。

読んでいただきありがとうございます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP