アイルランド産天然本鮪刺身、握り、鉄火巻を景虎で流し込む

 

 

天然本鮪

 

 

 

毎年大晦日は上さんの三姉妹家族全員で一軒の家に集まりレコード大賞と紅白を見ながらごちそうを囲んで過ごします。

 

 

2015年の大みそかは板橋に購入した一軒家での最後の集まりになりました。

 

 

 

もともとは中央区勝どきに家族五人で住んでいましたが下町の二軒長屋に5人は大分手狭だったせいであちこち探したあげく義姉の次男が自宅の近所、大分近い場所で建売がありソコを見て気に入ったので購入しました。

 

 

 

その家では皆が学校へ通いいろいろな思い出もありましたが何といってもつらかったのは義母の他界だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなあって2015年末に突然儀兄の父もなくなり本当は義姉の家で行うはずのイベントが我が家に変更されこんな流れになりました。

 

 

 

 

メンバーは、私の家族5人、義姉家族4人と議妹家族4人、更には従兄の彼女と長女の彼氏でなんと15人でにぎにぎしく集まり酒を呑んで楽しくやりました。

 

大みそかの夜は長い・・・

 

このイベントの由来は義母から始まっており、もう25年ほど継続しています。

 

 

 

とにかくみんなよくしゃべりよく笑い本当に中の良い姉妹なので旦那たちも気遣いはありますがみんな底抜けに明るい性格なので変な気疲れはありません。

 

 

 

写っている鮪の刺身は、私の仕事仲間から毎年年末に買うアイルランド産の天然本鮪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

築地仲卸の中でもダントツに有名な山幸さんの目利き物を親友である仲卸17代目の紀之重さんの重雄ちゃんから買っています。

 

 

 

流石に美味しい鮪でおいしい日本酒を飲むのは幸せな気分です。

 

 

 

そしてこの鮪はテーブルの上では秒殺で消えだいたい30分以内になくなってお替り要求が出ますが元旦の分も計算して切っているので泣く泣くお断りし他のつまみでやり過ごすのですがこの日のつまみは義姉の作る牛肉タケノコ煮、かみさんの作る筑前煮、義妹が持ってくる海産物やその他いろいろあり痛風の私は罰ゲームみたいで困惑しますが、1年の労を皆でねぎらい本当に楽しいです。

 

 

 

この年のトピックスは長女の彼氏も参加したことで私は複雑な気持ちでしたが寛容に対応させて頂きました。

 

 

 

彼氏も機転が効き洗い物とか家事の手伝いに没頭してくれる場面などあったので感謝しています。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。。。。

 

 

 

 

 

 

 

この酒類が2日間でほぼ無くなります(;^ω^)

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP