うつ伏せ寝させたら魚顔になった??

育パパの朝はとても忙しく始まります。

 

 

家事全般をパパが行い新生児の世話は上さんが、というように分担してやるようにしていました。

 

 

実際独身の時5年間一人暮らしをしていたので手際の良さは天下一品です。

 

 

まずは洗濯をまわし始め朝ご飯の支度をしながらしっかりミルクづくりも忘れずに行います。

 

 

産後上さんにあまり無理をさせると後々良くないって聞いていたので頑張っちゃいました。

 

 

私も26歳だし疲れるって意味もわからないくらい体力もありなんでも前のめりに黙々とやりこなしました。

 

 

当時の仕事はトリプルインカムでして、

まず日中は写真の自動現像機販売とメンテナンスでこれが終わってから、

義理母の経営する銀座のスナック

6時から12時まで働き土日と隙間時間で

ネットワークビジネスで日用品の販売などしていたので、

とにかくほっと一息入れるのは

だいたい夜中の1時から2時までの時間帯と

土、日曜の夜程度しか有りませんでしたが、

家にいる時間は娘をとことん可愛がり

寝るときも川の字で寝ていましたので、

子供を授かって本当に幸せを感じまくっていました。

 

 

 

寝るで思い出しましたが、娘はあおむけだと短時間で起きてしまうのでうつ伏せで寝かしていました。

 

 

どうも胸に何か当たってないと不安感に襲われるらしくあおむけだと泣き叫んで目を覚ますことがよくありあまり深く考えずぐっすり寝てくれる方法を選びました。

 

 

そうしていたら魚顔になりなんかすっきりした感じで何となく外人さんのような顔になりました。(今も)

 

 

近所の友達の子はあおむけ専門タイプでしたのでのっぺり顔で外人離れした見た目でしたけど関係あるのかな?いまいち都市伝説的な感じで真相はよくわかりません・・・・

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP