2017 8 23 シーフードショー東京ビックサイト

今日は東京ビックサイトへシーフードショーへ行ってきたのでそのレビューをしたいと思いま

す。 その名の通り水産業界関係者のための展示会で、出展社は水産メーカーでも近海魚を加

工している中小零細企業から世界の海洋資源をつかさどるニッスイ、キョクヨーなどの大手水

産メーカーまで多種多様な企業が参加していました。

今回は水産関連商材約8,500品目出品と過去最多規模でした。

私の人生ではこの業界だけ暫く長いこと居座っているうちに仲間も可也増えて、まず初めに近

海物展示会場では宮城県ブースで金華山沖煮穴子の加工品を製造販売している仙台サーファー

の師匠と奥様、工場のオーナーと出会い久しぶりの再開で盛り上がりました。

魚の話とサーフィンの話同じくらいの比重でした(笑)

師匠は波乗り自体も仙台新港に仲間がたくさんおり依頼していたヒラメスライスの工場見学に

気仙沼加工場へ行った際は、帰りに三陸小泉というデカ波のポイントに連れて行ってもらい足

がガクガクになるほど大きくて長い波に乗せていただきとても感謝しています。

 

 

 

 

今回は師匠のあなごを販売してまた仕事作って気仙沼行く計画を企てちゃいました(笑)

そのあと徳島のブースの社長と話をしていたら、弊社近畿支店との取引が過去にあったらしく

私の望みの商品を持ってたので、すぐに案内かけてほしいと言ってこれまた渡りに船で盛り上

がらせていただきました。

 

 

 

 

そしてお次は愛媛県にある養殖魚のエサ屋さんで大規模に真鯛、ブリ、カンパチ、シマアジな

どの養殖をやっている企業のセガレを遠くから発見、こちらも偶然サーファーですごく話が合

うので海で会おうぜって言いながら、なかなかタイミングが合わなかったんですがこの場でも

会えて、そしてこちらでも仕入れたい品物があるので近々に連絡ほしい旨遠くから叫ぶと

「すいませーんわかったよーっ」て暗黙のジェスチャーで会話しあいました。

次々仲間と接触しては仕事の依頼がたくさんでき、色々見てたら

「この規格の魚〇〇氏に紹介頼んでたよー」っと言ったら

「聞いてましたよーあなたが・・・だったんですね―渡りに船で助かりますっ」

てことで仕事ガンガン進んであっという間に4時間過ぎていました。

そして帰る時にも会場出てすぐ、たまたま水産業界懇親会なる飲み会で知り合った方と数年ぶ

りの再開で一緒にユリカモメに乗って、魚の加工談義に花が咲き大盛り上がりでお互いに仕事

のつながりが持てそうでとてもよかったです。

本当に今日は全ての”人と事”に感謝します。

ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP