パパママ垣根無し・・・

1998年7月17日次女誕生しました。

長女の時ほどの驚きは正直なかったんですが、深夜に生まれてくるって夜更かしの好きな人間

になりそうな気配がして実際その通りになりましたが、無事に生まれてよかったです。

生まれた時、長女は4歳で保育園へ入れていたので、もちろんこう言った場面は上さんが入院と

か産前産後を大事にしてあげたかったので、またまた専業主夫に戻りました(笑)

もちろん仕事と家事の両立と保育園の送迎、土曜日曜日の長女との公園遊びなど丁重にかつ手

厚い保育をさせて頂きました。

我が家にお父さんとお母さんの垣根が全くないのが実情ですから、炊事、洗濯、掃除、更には

育児についてもお手の物でした。

朝長女の髪をポニーテールにしてあげたりツインテールにしてあげたりと手慣れたものですか

ら、そして保育園の洗濯物の切り替え、週末のシーツ洗濯、アイロンかけなど何でもかんでも

ヤリこなしましたので、かみさんも心置きなく新生児の面倒を見ていましたよ。

ちなみに六か月には次女も保育園へ入り夫婦共働きに戻りましたが、長女と次女の保育園が

別々の場所になってしまいこれだけは地味に大変でした。

家族4人になるとこれはとても楽しくなったのは事実です。

当時は日本移動通信直営店(IDO)にいたので、6時ダッシュで家に帰り7時前には家にいまし

た。 たまに銀座のスナック手伝いもありましたが二人の子供を可愛がることが本当に幸せ

で、家のことを夫婦分担してやることは何も抵抗がありませんでしたので、今考えればパパと

していい経験させていただいたと思います。

子育てしている人はとても偉いので偉大なことだと肝に銘じて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。。。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP