家族の愚痴は7対3の法則で聞き流してあげて下さい

私の会社の先輩が(53歳)自分の父上が(80歳)自分勝手すぎて困るととても困り果ててお

り、私にこぼしていました。

その内容というのが父上一ヶ月ほど前に心臓を手術し最近退院してきたらしいのですが、今の

今まで(約20年前に奥様を亡くされて)地方に一人暮らししており、喫煙もし、悠々自適に年

金暮らしで楽しく生活していた生活習慣が抜けきれないということが先輩にとっての自分勝手

問題みたいで、退院の条件として先輩の妹家族との同居生活だったんですが、ある時、孫(高

校生)と散歩と言って外出できるまでに回復し、ついでにスーパーによっては、漬物や塩分の

高いお総菜、揚げ物など買ってしまって全然体調管理を気にしてくれず、弱っている腎臓に自

ら悪化するものばかり食べていることを妹から電話で聞きつけは妹へ注意するように撃を飛ば

すのですが、父親と娘の関係ってやつは私も経験ありますが、かなりナーナーになってしまっ

て、特にかわいそうだからいいじゃんって感覚に陥り好き勝手させてしまうので、兄から父へ

言いたいところ父は頑として電話には出ないので、相当ストレスになっているのでした。

そこで私のアドバイス的な意見として、ここまで生きたんだし、あとまだまだ生き続けるって

保証はないんだから、ゆる~くかつ多少几帳面に管理する程度でいいんじゃないんですかって

言ったんですが、そんなんだったらわざわざ手術しないでも良かったんだよなーなんてこぼし

ていました。

結局のところこれってド定番の愚痴じゃないの??っと判断した私は、愚痴ってやつは解決さ

せてはいけないものなので、3割程度話に適合するアイデアを考えてあげ7割はただの愚痴だか

ら聞き流すという戦略に切り替え対応させて頂き、話しつかれた先輩はそろそろかーえろーっ

てな具合で帰宅していきました。

人ってやつは結構めんどくさいところがあってその人間臭さが私は好きです。

読んでいただき感謝です・・・

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP