鬱病の見解・・・・

鬱についてとても興味深い勉強をしたので少し書いてみたいと思います。

先進国ではこの病気にかかる人がとても多く、この病気については科学的根拠をもとに薬が出

たり、専門の施設に入院したりと対処の方法がある程度構築されております。

反対に後進国の人たちには、この病気の人がとても少ないそうです。

そして先進国でこの病気になっている人たちは治す、という概念よりも付き合っていかなけれ

ばいけないという考え方で対処していると思います。

ですが、後進国の人たちの場合この病気にかかっている人のことを、悪霊に取りつかれている

っと信じているため、悪魔祓いや厄除けのまじないなどスピリチュアル的な改善戦略で対抗し

ついにはこの病気を治してしまうとのことで驚いています。

要は彼らの神通力で精神に宿ってしまっている魔物を追い出すという行動で治しているのす。

この違いを聞いたとき私はこう感じました。

先進国の生活の仕方と後進国では、後者の方が精神力を上手にコントロールできており、かつ

人と人とのかかわりあいを大切にしていることで、仲間と強調しあって生きることの重要性を

分かっているのではと思いました。

どちらがいいかどうかは、何とも言えませんがこのような情報は知っていて損はないと思いま

すのでキープマインドでよろしくお願いします。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP