外食ビジネスウィーク2017

今日は外食ビジネスウィーク2017ビッグサイト展示

会へ行ってきました。

この手の会場へ出向く理由は何個かありますが、ま

ずは弊社で取り扱える原材料があるかチェック、こ

 

れが一番、二番目に販路拡大のため出展している同業者や問屋などのチェック、他にはブログ

ネタかと思います。

まず初めに熊本パビリオンの前にはくまモンがいま

したが大人気で真正面からは取るのやめました。

並んでるので。。。。

ちょっと変わったところで植物工場の施設をシステ

ム販売しているブースによってお話聞いてみまし

た。

レタスを試食してみましたけど、違いはありません

でした。

コスト面が大きなテーマかと感じました。

変わった展示ではセロリオンリーを加工しているブ

 

ースがあり、講学のためお話聞いてみました所、セ

ロリ原料はアメリカからの輸入だそうです。

アメリカではセロリ需要が高く野菜の中で5本指に

入る地位にあるとのことです。びっくりですね。

おどろいたのはおやつにピーナツバターを塗りつけ

てかじるほどスタンダードらしいです。

浅漬けの試食があったのでいただいたんですが普通でした。。。我が家では葉の方をカルパッ

チョにかけて食べるのが大好きです。

レシピは白身魚の極薄にスライスアーモンドとハーブソルトとバージンオイルとセロリの葉が

最強ワインのあてです(蛇足ですが。。。)

陶磁器の出展者も多かったんですが、信楽焼のブー

スが閑古鳥泣いていたので話を聞きに行きました。

説明してくれた社長は信楽焼の特徴として、特注品

が主体だから同じものは大量にはないことと、土が

 

違うので質感を楽しんでもらいたいと話していまし

た。

最近の器への執着は今一つで値段重視のモノが多く

て困惑とのこと。

 

絵や柄がない理由も聞きましたが、これが伝統だともおっしゃっていました。

お土産に酒を飲むのにちょうどいいコップもいただきました。 感謝です。

人工知能のおかげでなくなる産業が出てくる中、外食ビジネ

スは疲弊してはいるものの需要はまだまだあります。

トレンドの移り変わりが早いけど組み合わせ次第では可能性

はあると思いますので、感動するようなお店をだれか作って

ください。

もしかしたら私が作るかもです・・・・・・

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP