2009年ごろから今朝ドレを広げました

業務用食材のカタログ通販会社で購買にいた時の話をしてみたいと思います。

この会社は親会社が日本一の酒販店で、東京23区内には半径2キロ範囲に出店し、ビール一本で

も配達をするという画期的なビジネスモデルで市場を席巻している会社です。

業務用の営業もインセンティブを盾に大手外食居酒屋などの固定客も持ちでっかくビジネスを

まわしていました。

その酒屋とのコラボで食材の通販も展開していました。

そこの任務で私は水産物の仕入れに配属し鮮魚ボックスの産直から輸入冷凍魚介類まで取り扱

っておりました。

一番面白かったのは、鮮魚ボックスを引き受けてくれている館山は船形漁港から競で仕入れて

いる鮮魚卸、小売りをしている”まるい鮮魚店”の専務と知り合ったことです。

このかたは川崎と木更津を結ぶアクアという橋のおかげで都内への配送が飛躍的に向上したこ

とに目をつけて、クロネコヤマトのチャーター便を有効活用し、朝8時ごろまでに荷造りを終え

ている鮮魚ボックスに対しては大和の川崎デポまで10時につける事で都内のだいたい16号線の

内側への納品は3~4時ごろまでに届けられる仕組みを構築したのでした。

これがまさに今朝ドレ鮮魚と言って居酒屋さんの目玉商品を作り上げました。

魚って鮮度が命ってイメージしか無い一般のお客様にとってこれほど響きの強烈な仕掛けはあ

りませんでしたので、口コミやメディアなどを通じて売り上げは伸びていました。

この仕組みに私の会社も載せて頂けたので、今朝ドレをカタログに掲載して売る上げを延ばし

貢献したことを覚えています。

朝とれたからって昨日やおとといの朝のモノでも今朝ドレって宣伝している居酒屋もありまし

たが、食べれば一発でわかってしまうのですぐにフェイドアウトしてました(笑)

船形の漁港へはしょっちゅう行けたのでこの仕事自体楽しい仕事となりました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP