グラスの詩No.9

おとぎ話。

遠い国。

七つの海を渡る船乗りの話。

宝箱を開けたらきらきらと陽を受けたガラスたちが語り始める。

ずっと昔の時より古い物語。

そして人の心は変わっていない。

 

平成17年4月

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP